ボイスレコーダーでとっても、否認され続ければ逃げられてしまうのか?(セクハラや不貞の証拠) | 弁護士北村明美 名古屋 北村法律事務所

名古屋の弁護士事務所 北村法律事務所

名古屋で弁護士に相談するなら北村法律事務所へ。B型肝炎訴訟、相続、交通事故、離婚など、お気軽にご相談下さい。

コラム

ボイスレコーダーでとっても、否認され続ければ逃げられてしまうのか?(セクハラや不貞の証拠)

2018年04月19日 カテゴリー:ニュースコラム

財務省福田事務次官のセクハラ発言が問題になっています。

福田氏は徹底して否認し、麻生財務大臣は「相手(被害を受けた女性記者)が出てこなければ、どうしようもない」と述べ、

女性記者が名乗り出てこない限りセクハラの事実は証明できないという認識を示す発言をしています。

週刊新潮は、ボイスレコーダーでとった音声を公開しています。

その音声では、福田氏らしい人が答える会話の後に「だから浮気しようね」「おっぱい触っていい?」「抱きしめていい?」と発言しています。

どこの場であろうと、誰が相手であろうと、女性を一段下に見て、性的からかいの対象としている発言です。

しかし、福田氏も財務省も財務大臣麻生氏も「否定し続ければ逃げ切れる。どうせ記者は名乗り出ないだろう」と思っていると思われます。

 

ボイスレコーダーでとっても、否認され続ければ逃げられてしまうのか!

ビデオを撮ることは難しいし、テレビ局ではないので、声紋鑑定家に鑑定してもらうのもお金がかかって難しい。

「○○さんですね?」とか名前を確認しないと、偽造したと言われかねません。

すぐ発言を覆す人と会話するときは、ボイスレコーダーで会話の音声をとるしかないのが実情です。

通常の場合、ボイスレコーダーの音声を示せば、相手方は観念してきました。

でも、財務大臣等の今回の対応をみて、悪知恵をつけてしまう人達がでてくるかもしれません。

こちらも、対策を練りましょう。



pagetop