名古屋の弁護士事務所 北村法律事務所

名古屋で弁護士に相談するなら北村法律事務所へ。B型肝炎訴訟、相続、交通事故、離婚など、お気軽にご相談下さい。

コラム

Monthly Archives: 4月 2015

カルテのないC型肝炎患者の闘い(15)

2015年04月17日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

フィブリノゲン製剤という血液製剤

  1. 早稲田先生は、フィブリノゲン製剤の功罪についてもよくわかっておられた。
    人間の血液中には、フィブリノーゲンという血液凝固因子が存在する。フィブリノゲン製剤は、上記の血液凝固因子を精製抽出してつくられたもので、止血剤としてミドリ十字が販売した。
  2. 産婦人科領域では、昭和40年頃から、DIC(播種性血管内凝固症候群)になりやすい常位胎盤早期剥離や弛緩出血など多量出血の場合、止血のためにフィブリノゲン製剤の投与が推奨されていた。
  3. 東京地裁は、1975年(昭和50年)2月13日、すみやかに止血剤を投与せず輸血もしなかったとして病院の医療ミスを認める判決をなした。(中間報告書(*)P.451:参考資料-参考1)
  4. フィブリノゲン製剤を投与すると非A非B型肝炎になることが広く知られたのは、昭和62年、青森の産婦人科医が、フィブリノゲン製剤を投与したら急性肝炎が集団発生したことを厚生省に報告し、昭和62年4月17日、読売新聞で「産婦8人が急性肝炎 血液製剤が原因?」と報道されたからであった。
  5. ミドリ十字は、フィブリノゲン製剤がアメリカの貧民窟の人達1,000人以上から採取したプール血漿から製造されていることを知っていた。そしてフィブリノゲン製剤を投与すれば肝炎になる恐れがあることを知っていたので、フィブリノゲン製剤の箱の中には、医師に対するアンケート葉書を入れていた。しかし、医師からフィブリノゲン製剤を投与した患者が肝炎になったという葉書がきても、握り潰し国に報告をしなかった。
    青森でフィブリノゲン製剤による肝炎の集団発生が明らかになると、ミドリ十字は、エイズの時と同じように考えて、「それまでのフィブリノゲン製剤が非加熱だったから肝炎になったので、加熱すれば肝炎にならない」と主張し、加熱したフィブリノゲン製剤の認可を申請した。
    すると、厚生省はすぐに認可してしまった。
    ミドリ十字は、青森の産婦人科医にも「加熱したフィブリノゲン製剤なら肝炎になりません。フィブリノゲンHT-ミドリを使って下さい」と述べて、持っていった。それを信じた青森の産婦人科医は、加熱したフィブリノゲン製剤を投与した。しかし、その産婦さんも肝炎になってしまったのである。
  6. 早稲田先生は、金沢で産婦人科医会の役員をし、年1回の全国集会に出ておられたので、そのような経緯をすべてわかっておられた。フィブリノゲン製剤を投与すると肝炎になるようだということがわかったら、すぐフィブリノゲン製剤の投与をやめたという。
  7. しかし、これまでの経緯を見ると、昭和40年頃から平成3年頃までは、DICになる恐れがあるケースや出血量が多いケースでは、フィブリノゲン製剤を使って止血しないと、産婦人科医の医療ミスと言われかねないのであって、産婦人科医の多くがフィブリノゲン製剤を使わざるを得なかったのである。
  8. 日本国民の多くの方に薬害C型肝炎という災いをもたらしたフィブリノゲン製剤は、認可が取り消されたかと思ったら、どっこいそうではない。アメリカでは1977年に販売中止になっているが、日本では、今もミドリ十字を承継した田辺三菱が販売しているのである。ただし、先天性フィブリノゲン欠乏症の患者に限りであり、産科DICなど後天性フィブリノゲン欠乏症に使用してはならないことになっている。

***
フィブリノゲン製剤の発売当初からミドリ十字社は血清肝炎の生じる危険があることを認識しており、ミドリ十字社の前身である日本ブラッドバンク社の専務取締役で、後にミドリ十字社の会長になった内藤良一は、1963(S38)年に日本産科婦人科学会雑誌15巻11号に「乾燥人血漿について私のお詫び」を載せ、乾燥血漿製剤に関して紫外線照射は血漿の肝炎ウイルスを不活化するのには1958(S33)年にStrumiaから「殆ど無効」と判決が下されるに至ったことを述べている。また、同文書で「私の罪業と申しますのは、私は陸軍軍医学校教官で、戦争直前米国フィラデルフィアにおいて凍結真空乾燥の技術を学んだことが契機となって、この日本における乾燥血漿の製造を開発したことであり、その結果多くの患者さんをこの乾燥血漿によって肝炎に罹らせたことであります。」と述べ、併せて乾燥人血漿による肝炎発生率は英国で4.5%~11.9%と報告されている、と述べている。それにもかかわらず、日本ブラッドバンク社は1964(S39)年に紫外線照射で「不活化」することを条件にフィブリノゲン-BBankの承認を得て発売しているのである。
(中間報告書(*)P.354、P.355:(5)本章のまとめ-1))

***
血液凝固因子製剤とは、血漿中のたんぱく質を取り出した血漿分画製剤の一種で、止血の役割を果たす特定の血液凝固因子を抽出したものである。凝固因子は全部で12あり、フィブリノゲン製剤は血液凝固第一因子フィブリノゲンを、クリスマシンやPPSB-ニチヤクは第九因子やその他複数の因子を精製抽出してつくられた。
(薬害肝炎 大西史恵 週刊金曜日発行 P.13)

——————————————————————————-
*)中間報告書
『薬害肝炎の検証及び再発防止に関する研究 中間報告書(薬害肝炎の検証および再発防止に関する研究班 2009年3月27日)』(http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/03/dl/s0327-12a.pdf)

最高裁が「親の監督責任認めず」

2015年04月10日 カテゴリー:ニュースコラム

b4b2eeff198b2c0347c701c0ea3be6a8_s

親はどこまで責任を取るべきか。

最高裁は9日、「危険でない行為でたまたま子供が損害を与えた場合、親に賠償責任はない」との初判断を示しました。
この判決は、おそらく今後の流れに大きな影響を与えることでしょう。

今回の事件は2004年、当時小学6年生だった男の子がフリーキックの練習をしていたところから始まります。
ボールがうっかり道路の外に飛び出してしまい、バイクを運転していた80代の男性がボールを避けようとして転倒してしまいました。
男性は足を骨折し寝たきりとなって、約1年4か月後に誤嚥性肺炎で亡くなりました。
そして男性の遺族が子供の両親に対し、「監督責任を怠った」として賠償を求めたのです。

第一審の大阪地裁では1500万円の賠償命令、第二審の大阪高裁でも1180万円の賠償命令が出されました。
しかし今回の最高裁の判断では、第一審・第二審を破棄、請求が棄却されたのです。

判決理由は”偶然”であるから

何故このような逆転判決が出たのでしょうか。
4人の裁判官は、全員一致で判決を出したといいます。

「ゴールに向けて蹴ったボールが常態的に道路上に出ていたわけではなく、
 男児がわざわざ道路に向けて蹴ったわけでもない」

「ゴールに向けたフリーキックの練習は通常、危険はない」

そしてその上で、日常的な行為で子が人に損害を与えた場合について、
「危険を予想できたなどの特別な事情がない限り、親が監督義務を尽くしていなかったとは言えない」とし、
「通常のしつけをしており事故も予想できなかった」という結論に至ったそうです。

つまり、「偶然」起こってしまった事故であるために賠償請求が棄却されたのです。

 

「最高裁判断」の影響

これまで、このような悪意のない子供が引き起こした事故に関しては、ほとんどの場合親が賠償責任を負ってきました。
しかし、それを覆した今回の事例によって、今後の流れは大きく変わってくるでしょう。

例えば認知症患者による事例。
家族が目を離したすきに徘徊していた認知症患者が、列車にはねられ、鉄道会社から振替輸送費や人件費等の損害賠償を求められる事件がありました。この事件は昨年4月、名古屋高裁が認知症患者であった男性の妻に、約360万円の賠償を命じ、双方が上告中です。

「無慈悲」との声も多いこの事件、今回の最高裁判断を受けどんな流れになっていくのでしょうか。
気になるところです。

(参考:日本経済新聞 平成27年4月10日

カルテのないC型肝炎患者の闘い(14)

2015年04月10日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

新幹線が春を連れてくる金沢にて

3月11日は、東日本大震災と福島原発事故のあった日である。4年後の2015年3月11日、金沢地方裁判所まで出張して、金沢にある早稲田産婦人科医院の早稲田健一先生の証人尋問を行った。名古屋弁護団では、出産に関わった医師の初めての尋問である。
前日の夜は名古屋にも雪が降り、北陸は暴風雪という天気予報だったので、無事に金沢へ行くことができるのか不安であった。新幹線で米原まで行き、米原で特急しらさぎに乗り換える予定だったが、新幹線が遅れているというニュースを見て、急遽、名古屋発しらさぎ3号に乗った。自由席も指定席も満席であったし、立ったままの乗客もいる。和倉温泉に実家があり、手を骨折した父が入院中だという美しい女性は、「今日は介護認定をしてもらい、父は家に帰りたいと言っているが、もう帰れないと思う」と言う。岐阜も米原も福井も雪国だった。

ところが、金沢はほとんど雪がない。「新幹線が春を運んでくる」という喜びにあふれた加賀百万石の金沢駅。タクシーに乗って、足が悪く、手も病気の早稲田先生をピックアップして、裁判所へ行く。裁判所へ行くと言うと個人タクシーの運転手が、突然金沢弁で掻き口説いた。「頼んだ弁護士にたくさんお金を払わされた。だから、今は自分で裁判をやっている。兄弟相手に、自分流の言葉で書いている。この前、裁判官がもっと請求しないのかと言ってくれた。」耳の痛い話であった。どうも兄弟が親の遺産を隠しているので、裁判をやっているらしい。
早稲田先生は、杖をつき、ゆっくり歩いて裁判所に入った。

Q.「Kさんにフィブリノゲン製剤を投与したことを、なぜ覚えておられますか?」
早稲田先生「子宮は、鶏卵大が普通なのに(妊娠していないときの子宮は本当に小さいのである)、Kさんのは、鵞卵(がらん)大になっていたので、子宮筋腫だと思っていた。子宮筋腫があって、妊娠したのが不思議な症例だった。また、子宮筋腫がある場合、妊娠しても流産することが多いが、流産はなかった。分娩後1か月して診ると子宮が正常な元の大きさに変わっていて不思議だと思った症例だった。また、出血が多かった。それで覚えている。」
Q.「では、出血量がどのくらいあると、経験から思った時にフィブリノゲン製剤を用意するのですか?」
早稲田先生「400ml以上の場合、用意します。」
Q.「出血量がどのくらいあると、フィブリノゲン製剤を使うのですか?」
早稲田先生「400ml~500ml以上の場合。」
Q.「カルテは残っていないのですね?」
早稲田先生「カルテは改装時破棄しました。カルテはないが、Kさんにフィブリノゲン製剤を投与したことは間違いありません。」
Q.「出血が多いとき出血を止めるのが大切なのですね?」
早稲田先生「そうです。」

早稲田先生は、フィブリノゲン製剤より輸血の方を先にしたと言うが、輸血の途中で三方活栓を使って、フィブリノゲン製剤を静注したとも述べた。
早稲田先生は、80歳だが、記憶力も理解力もバツグンであった。国側代理人のおかしな尋問をたしなめたり、本件とは直接関係ない尋問にも淀みなく答えられた。田辺三菱代理人のねちっこい繰り返しの尋問については、私達原告代理人が「異議あり!重複尋問です」と声を上げ、封じることができた。
早稲田先生は、出血量が多くフィブリノゲン製剤を投与した患者さんをほとんど覚えているという。
証人尋問が終わって、「お疲れ様でしたね」と声をかけると、「どうちゅーことないわいね」と金沢弁で答え、杖をついて裁判所を後にし、自分の病気を診てもらっている病院へ行かれた。

金沢地方裁判所は、贅沢な3階建てで、外壁は格子状に化粧され、白い石が敷き詰めてあり、古都の風情を漂わせ、美しかった。
金沢駅の新しい名店街で、彩りのよい2段重ねのお弁当を買い、帰路の特急しらさぎの中で、原告のKさんと一緒に、昼食兼夕食を食した。
疲れたけれど、安堵した。早稲田先生の尋問を他の原告さんにも有利に使わせてもらいたいと思った。
早稲田先生、本当にありがとうございました。

そのB型肝炎、母子感染だからと諦めていませんか?

2015年04月03日 カテゴリー:B型肝炎給付金請求訴訟

~弁護士 北村明美のB型肝炎コラム~

C854_akacyan500

「母子感染」だと言われ、諦めていませんか?

B型肝炎訴訟は母子感染ではないことを立証するのが勝訴の鍵。
でも、だからといって「母子感染と言われてしまったから無理みたい…」と諦めていませんか?

そもそも、お母さんがB型肝炎に感染してしまったのは何故でしょう?
もしその原因が予防接種であったなら、国に責任を問うことができます。

つまり、お母さんが予防接種でB型肝炎になり、
その母子感染によってB型肝炎になってしまったのであれば、
それを証明できれば給付金請求ができるのです。

お母さんが予防接種でB型肝炎に感染したのであれば、母子感染の方も給付金がもらえます。

母子感染の場合、給付金請求するにはどうしたらいいか

  • まず、お母さんのお母さん、つまり母方のおばあちゃんに、B型肝炎ではないかどうかの検査をしてもらってください。
  • もしおばあちゃんが亡くなっているのであれば、おばあちゃんの年上の兄弟姉妹に検査をしてもらってください。

調べることができたら、今すぐ北村弁護士までご相談ください!親身になってお応えします。
母子感染と言われたからと諦めず、前を向いて戦っていきましょう。

B型肝炎給付金・B型肝炎訴訟―相談料無料

B型肝炎はつらい病気です。

日本ではB型肝炎の人は、45万人いると厚労省はみており、国民病です。
B型肝炎は、C型肝炎のようにウイルスを排除できる薬が今だありません。
インターフェロンは副作用が強い。
B型肝炎ウイルスの活動を抑える薬、バラクルードを飲み始めると、
GPT(ALT)が下がって楽になるけれど、一生飲み続けないといけない。

B型肝炎は、うつるから差別する人もいます。(B型肝炎は血液を介してしかうつらない!)

B型肝炎の症状がないので安心していたら、B型肝炎の肝がんだった。
大量吐血して初めて食道静脈瘤破裂(B型肝炎の肝硬変)がわかったという方もいます。
肝臓は沈黙の臓器なので、症状がないからといって安心できません。
B型肝炎かどうか調べたことのない方は、すぐHBs抗原とHBc抗体を調べましょう!!
もし、HBs抗原(+)だったら、ぜひ、B型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。

予防接種でB型肝炎になった方に対して、国は謝罪し、
最大3600万円のB型肝炎給付金を支払ってくれます。
肝がん・肝硬変重度3600万円、肝硬変軽度2500万円、B型慢性肝炎1250万円、キャリア50万円など

次の場合、ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士にご相談ください。

(1)B型肝炎の方でS16年7月2日~S63年1月27日生まれの方
(2)既に亡くなっている方が、B型肝炎だった場合。
(3)母子感染の方で、祖母(祖母死亡の場合、祖母の兄姉)がB型肝炎でない場合

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。名古屋・愛知・岐阜・三重の方もどうぞ)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・調査費用は無料です。
B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の着手金も無料です。
弁護士報酬は、通常の事案は、6%です。(弁護士費用として、4%は国から払われるので、実質2%になります。)
困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

母親が亡くなっていても、諦めないで、ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。
長男・長女であっても、諦める前に、ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。
国家公務員がB型肝炎訴訟をしても、不利にはなりませんので、
ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。
田舎ではB型肝炎というだけで差別されかねないといわれる方も、
田舎から離れた裁判所で、裁判することができますので、
ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。

自覚症状がない!?今すぐB型肝炎検査を受けよう

2015年04月03日 カテゴリー:B型肝炎給付金請求訴訟

~弁護士 北村明美のB型肝炎コラム~

OOK85_kusyami20150314132526500

自覚症状がない怖さ

実はB型肝炎は、全く自覚症状が現れない病気です。
「テレビで聞いたことはあるけど、まぁ元気だし大丈夫だろう」なんて思って、検査をしないままではありませんか?
そんな余裕が後になって大きな後悔を産むのです。

まずは何がなくとも検査してみましょう!
手遅れになる前に検査することが、あなたに訪れるかもしれない危機から救ってくれるのです。

初めての検査で突然の「肝がん」宣告…

Aさんは病院嫌いな人でした。
毎年の健康診断で、「肝臓の数値が悪い」とは言われていましたが、自覚症状はないから大丈夫!と、病院には行かずに長年過ごしてきました。しかし去年の健康診断で、肝臓の数値も悪いし、体のだるさが続くし、69歳にもなったし、ということで、「どうしても医者に行ってくれ」と家族に頼まれてました。
そこで、ようやくしぶしぶ大きな病院で血液検査をしたのです。

HBS抗原(+)肝臓の数値やがんマーカーの数値も高く、すぐにエコー検査、CTの検査に回されました。

そして、Aさんは医師から思いもかけぬ宣告をされました。
肝がんになっていたのです。

この時、初めてAさんは後悔しました。

「もっと早く病院で検査を受けていれば…」

妻は、病院嫌いのAさんをなじり、泣きました。
自覚症状がないからと放っておくと、こんな結末を迎えてしまうかもしれないのです。

ある日突然、バケツ一杯ほど吐血した。

Bさんはある日、鮮血をバケツ一杯ほど吐血しました。

健康体だと思っていたBさんにとって、それは青天の霹靂でした。
家族が驚いて病院へ運ぶと、検査の結果は「食道静脈瘤」。B型肝炎ウイルスで、肝臓が弱り、重い肝硬変の状態だとも言われました。

肝硬変になると、肝臓に血液が通りにくくなります。胃や腸の血液は、肝臓を通る必要がありますが、血が通りにくくなって、門脈に血液が停滞して、門脈圧が亢進してきます。そうすると、血液が別の道を通って心臓に戻ろうとすし、その道のひとつが、食道や胃の粘膜下層の静脈で、だんだんと太くなって、食道静脈瘤や胃静脈瘤となるわけなのです。それは毎日食べ物が通る道でもあり、静脈瘤が高度になると、破裂し、出血することになります。
その日の吐血は、Bさんの静脈瘤が破裂したのです。

Bさんは、それまで自分がB型肝炎であることを全く知りませんでした。自覚症状がなかったからです。
翌日すぐに手術をし、何とか九死に一生を得て、今はバラクルードを飲んで勤務にも復帰することができました。

ある日突然襲ってくる病魔。それは自覚症状がないからこそ、驚くほど急に現れます。
Bさんは今も、「もっと早く検査をしておけばよかった。」と後悔しています。

 

肝臓の病気は、あまり自覚症状がありません。
特に肝炎の場合、本人が気がつかないうちにウイルスに感染し、炎症による肝細胞の破壊が進行し、症状が現れたときにはすでに肝硬変、肝がんになっていたということもあります。
病院嫌いのあなたも、HBs抗原の検査を受けてみましょう。

B型肝炎給付金・B型肝炎訴訟―相談料無料

B型肝炎はつらい病気です。

日本ではB型肝炎の人は、45万人いると厚労省はみており、国民病です。
B型肝炎は、C型肝炎のようにウイルスを排除できる薬が今だありません。
インターフェロンは副作用が強い。
B型肝炎ウイルスの活動を抑える薬、バラクルードを飲み始めると、
GPT(ALT)が下がって楽になるけれど、一生飲み続けないといけない。

B型肝炎は、うつるから差別する人もいます。(B型肝炎は血液を介してしかうつらない!)

B型肝炎の症状がないので安心していたら、B型肝炎の肝がんだった。
大量吐血して初めて食道静脈瘤破裂(B型肝炎の肝硬変)がわかったという方もいます。
肝臓は沈黙の臓器なので、症状がないからといって安心できません。
B型肝炎かどうか調べたことのない方は、すぐHBs抗原とHBc抗体を調べましょう!!
もし、HBs抗原(+)だったら、ぜひ、B型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。

予防接種でB型肝炎になった方に対して、国は謝罪し、
最大3600万円のB型肝炎給付金を支払ってくれます。
肝がん・肝硬変重度3600万円、肝硬変軽度2500万円、B型慢性肝炎1250万円、キャリア50万円など

次の場合、ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士にご相談ください。

(1)B型肝炎の方でS16年7月2日~S63年1月27日生まれの方
(2)既に亡くなっている方が、B型肝炎だった場合。
(3)母子感染の方で、祖母(祖母死亡の場合、祖母の兄姉)がB型肝炎でない場合

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。名古屋・愛知・岐阜・三重の方もどうぞ)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・調査費用は無料です。
B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の着手金も無料です。
弁護士報酬は、通常の事案は、6%です。(弁護士費用として、4%は国から払われるので、実質2%になります。)
困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

母親が亡くなっていても、諦めないで、ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。
長男・長女であっても、諦める前に、ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。
国家公務員がB型肝炎訴訟をしても、不利にはなりませんので、
ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。
田舎ではB型肝炎というだけで差別されかねないといわれる方も、
田舎から離れた裁判所で、裁判することができますので、
ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。