名古屋の弁護士事務所 北村法律事務所

名古屋で弁護士に相談するなら北村法律事務所へ。B型肝炎訴訟、相続、交通事故、離婚など、お気軽にご相談下さい。

お客様の声

高岡市 五十嵐産婦人科

2022年05月11日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, C型肝炎給付金請求訴訟, コラム, ニュースコラム, 肝炎

 C型肝炎の方で、富山県高岡市の五十嵐産婦人科(博医館ホスピタル)で出産したり、手術をしたことのある方は、至急、ご連絡下さい。

 ハーボニーなどを服用して、今は治ってしまった方や、ご本人はすでに亡くなっておられる場合でも、ご遺族様から、ぜひご連絡を下さるようお願いいたします。

 C型肝炎の給付金がもらえる可能性があります。

薬害C型肝炎 勝訴的和解 五十嵐産婦人科で出産

2022年03月24日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, C型肝炎給付金請求訴訟, お客様の声

薬害C型肝炎 勝訴的和解 五十嵐産婦人科で出産

 出産の際、弛緩出血で出血量多量2155mlのAさんにフィブリノゲン製剤が投与されたことが認められて、勝訴的和解ができます。

 富山県高岡市の五十嵐産婦人科(現在は廃院)です。

長女 「母はC型肝炎が重く、全身が弱り現在入院中です。勝訴的和解ができるという連絡が弁護士の北村さんからあったよというと、ベッドに横たわっていた母はあまりの嬉しさに言葉にならず、涙を流して喜び、感謝していました。」

 五十嵐先生は、優しい先生で30年以上前のことを思い出してくれ、できる限りの協力をしてくださいます。

カルテのないC型肝炎訴訟

2021年07月14日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, C型肝炎給付金請求訴訟, 肝炎

長野県飯田村Ni病院で出産し出血多量でC型肝炎の勝訴的和解ができることになりました。Ni病院では、これで2人目の勝訴的和解です。

【至急連絡してください!】昭和63年4月~平成6年までの間に心臓の手術、すい臓の手術、骨移植などの手術をしてC型肝炎になった方は、至急ご連絡下さい。病院は、大学病院や大きな病院、具体的には今給黎総合病院(鹿児島県)、国立循環器病研究センター(旧・国立循環器病センター 大阪府)、愛知県がんセンター中央病院(愛知県)などです。

2020年12月10日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, C型肝炎給付金請求訴訟

【至急連絡してください!】

昭和63年4月~平成6年までの間に
  心臓の手術、
  すい臓の手術、
  骨移植
などの手術をしてC型肝炎になった方は、至急ご連絡下さい。

病院は、大学病院や大きな病院で、
具体的には
  今給黎総合病院(鹿児島県)、
  国立循環器病研究センター(旧・国立循環器病センター 大阪府)、
  愛知県がんセンター中央病院(愛知県)
などでも使われていたことが分かっています。

【至急連絡してください!】  集団予防接種でC型肝炎になった方は、北村法律事務所に至急ご連絡ください。

2020年11月02日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, お客様の声

【至急連絡してください!】
 集団予防接種でC型肝炎になった方で
かつ、C型肝炎になって、C型慢性肝炎、C型肝硬変、C型肝がん
の証明が医療記録などによってできる方は、
北村法律事務所に至急ご連絡ください。(※以下のただし書きをよくお読みください)

 但し、

・C型肝炎になって、C型慢性肝炎、C型肝硬変、C型肝がんの証明が医療記録などによってできる方

・輸血をしていないことがないこと。

・覚せい剤の静脈注射、麻薬の鼻孔吸引をしたこと、

 入れ墨(刺青)をしたことがないこと。

・C型肝炎の人と性的接触をしたことはないこと。

・臓器移植・透析をしていないこと。

・鍼治療をしたことがないこと。

・母親が、C型肝炎ではないこと。

などが条件となります。


 ご自身がC型肝炎であることがわかる医療記録は、早く取っておかないと、病院で廃棄される可能性があるので、確保されるようお願いします。

 また、HCV-RNA(+)という検査データも、必要となります。

【至急連絡してください!】ベリプラストPを投与されて、C型肝炎になった方は、至急ご連絡下さい。

2020年11月02日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声

【至急連絡してください!】ベリプラストPを投与されて、C型肝炎になった方は、至急ご連絡下さい。


【フィブリノゲン製剤などによるC型肝炎訴訟】 中日新聞記事「C型肝炎、救済広げて 出産の喜び暗転、闘病40年の薬害訴訟原告」

2020年11月02日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, お客様の声

【フィブリノゲン製剤などによるC型肝炎訴訟】 中日新聞記事「C型肝炎、救済広げて 出産の喜び暗転、闘病40年の薬害訴訟原告」

 中日新聞に、C型肝炎訴訟名古屋弁護団の原告さんが取り上げられて

います。※但し、この記事の中で「自身も2015年に治療薬のおかげで治癒した」というのは誤りです。

治療薬でC型肝炎ウイルスはなくなりますが、肝硬変や肝癌にまでなった人の肝臓は元には戻りません。

 中川さんは肝硬変なので、今も肝臓は、表面が凹凸し線維化し続けており、

いつ、肝がんになるかわからず、不安を抱き続けています。

https://www.chunichi.co.jp/article/142877


20201030144746-0001

20201030144746-0002

20201030144746-0003



pagetop