名古屋の弁護士事務所 北村法律事務所

名古屋で弁護士に相談するなら北村法律事務所へ。B型肝炎訴訟、相続、交通事故、離婚など、お気軽にご相談下さい。

お客様の声

鈴鹿カンツリークラブは極めて悪質! 甘い言葉に乗って、50万円ずつ支払う、という和解をしたが、1回目から返してきませんでした。 自分で請求したけれどらちがあかないので、弁護士北村明美さんに頼みました。 弁護士北村明美さんが交渉しても返してきませんでしたので、訴訟を提起してもらいました。 そこでようやく、50万円ずつ返してくることになったのです。

2020年02月04日 カテゴリー:お客様の声, コラム, ゴルフ会員権預託金返還請求お客様の声, ゴルフ会員権預託金返還請求訴訟

鈴鹿カンツリークラブは極めて悪質です。

甘い言葉に乗って、50万円ずつ支払う、という和解をしたが、1回目から返してきませんでした

自分で請求したけれどらちがあかないので、弁護士北村明美さんに頼みました。

弁護士北村明美さんが交渉しても返してきませんでしたので、訴訟を提起してもらいました。

そこでようやく、50万円ずつ返してくることになったのです。

皆さん!和解なんかしてはダメです!

約束を破っても何のペナルティもない和解なんかしてはいけない!ということを思い知りました。

【預託金返還請求】レイク浜松カントリークラブ レイク浜松カントリークラブは、北村弁護士が、預託金を取り戻してくれた!とても良いゴルフ場です! 弁護士の北村明美さんに頼めば、預託金も取り戻せると思います!

2020年01月27日 カテゴリー:お客様の声, ゴルフ会員権預託金返還請求お客様の声

レイク浜松カントリークラブは、北村弁護士が、預託金を取り戻してくれた!とても良いゴルフ場です!

 

弁護士の北村明美さんに頼めば、預託金も取り戻せると思います!

小山ゴルフからゴルフ会員権預託金を返してもらおう! 栃木県 T.Mさん

2019年05月13日 カテゴリー:お客様の声, コラム, ゴルフ会員権預託金返還請求お客様の声, ゴルフ会員権預託金返還請求訴訟

名古屋の弁護士の北村明美さんに、栃木県の小山ゴルフクラブの保証金について相談したら、調査してくれて、お金を取り戻せると言ってもらえた!

 

いいゴルフ場だけど、ゴルフ会員権の預託金を返してくれなくて困っていたけど、諦めなくて良かった!

 

弁護士北村明美さん有難うございました!

オールドレイクゴルフ倶楽部のゴルフ会員権預託金を取り戻した! (T.Wさん)

2019年05月09日 カテゴリー:お客様の声, ゴルフ会員権預託金返還請求お客様の声

弁護士の北村明美さんに依頼していた、

オールドレイクゴルフ倶楽部の預託金返還訴訟に全面勝訴

した件、勝訴したのに支払って来ないので、北村先生が差押えまでやってくれた!

オールドレイクは慌てて全額支払ってきたよ、還ってきたよ、と北村明美さんから連絡を貰った!

急いで事務所に行き、現金で受け取った。ずっしりした重みを感じる!とても嬉しい!

体の内側から活力がわいてきた!病気の体の足に力が入る!

生命力に満ちているのを感じる!

北村明美さんに頼めば、オールドレイクゴルフ倶楽部からお金を取り戻せる!

皆さんも自分のお金を取り戻そう!

 

T.W

 

名倉カントリークラブに勝訴できる!ゴルフ会員権預託金が戻ってくる! (H.Hさん)

2019年05月07日 カテゴリー:お客様の声, ゴルフ会員権預託金返還請求お客様の声

北村明美弁護士に愛知の名倉カントリークラブのゴルフ会員権の預託金返還の裁判を起こしてもらったよ!

私が勝訴することがわかった!

保証金が戻ってくる!

 

北村明美弁護士はとても強い!

ありがとう!

 

H.H

鈴鹿カンツリークラブは、悪質過ぎる! (Oさん)

2019年05月07日 カテゴリー:お客様の声, ゴルフ会員権預託金返還請求お客様の声

代理人の、アイ・パートナーズ法律事務所も荷担している!

社長ら首脳陣は、代理人の法律事務所の一室を借りて、そこに出社している。

(鈴鹿のゴルフ場なんて行っていないと思う。)

私は、この鈴鹿カンツリークラブの経営をしている、名阪観光を信用して、

150万円の預託金を、一時に返還せず、平成31年2月から3回に分割して支払う、

という合意書を交わしてしまった。

ところが、分割1回目の50万円ですらいまだに支払ってこないのだ!

信用を裏切られた!名阪観光はとても悪質!

弁護士の北村明美さんに頼んで、がんがん戦うつもりだ!

ゴルフ会員権預託金を取り戻す!

みなさんも一緒に戦いましょう!

遺言執行者

2018年12月28日 カテゴリー:コラム, 民事, 相続問題お客様の声, 遺産相続

みなさん、遺言執行という言葉を聞いたことがありますか。
今日は、遺言執行者という人がどんなことをするのかについてみてみましょう。

遺言執行者とは、遺言書に書かれている内容を実現する人のことです。
そして、この遺言書に書かれている内容を実現することを遺言執行といいます。

遺言内容の実現(遺言執行)と聞いてもピンとは着ませんが、
具体的には、不動産を指定された人(相続人)に移転の登記をしたり、
預金の解約や払い出しをしたりすることを言います。

このような遺言の執行は、相続人自身で行うこともできますが、遺言執行者が指定される場合もあるのです。

遺言執行者の選任は、遺言によるか、利害関係人の請求により
家庭裁判所が行うもので決められています。

指定されたものは、遺言者との関係やその書かれた遺言の内容を検討して、
遺言執行者に就任するか辞退するかを決めることとなります。

遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有していますが、
まずは、遅滞なく相続財産目録を作成して、相続人に交付しなければなりません

遺言執行者は、自分が行うべき事務を他の者に包括的に行わせることは原則として禁止され、
遺言によってあらかじめ許されている場合か、やむを得ない場合でなければなりません。

このように、遺言執行者は非常に責任のある事務を行うため、将来的に揉めそうな場合の遺言であれば、
あらかじめ遺言で弁護士を遺言執行者に指定しておくなどの対応を採られることをおすすめします

ぜひ、お気軽にご相談ください。



pagetop