Tag Archives: C型肝炎給付金

C型肝炎給付金 和解

2022年10月03日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, C型肝炎給付金請求訴訟, コラム

2名の方、和解できます。

 1.カルテが残っていなかったNさん
  母子手帳には、
  前置胎盤、弛緩出血、用手剝離
  輸液3,000ml、輸血2,200ml
  出血量3,000ml(多量)
 と書かれています。昭和49年4月の出産です。
  担当医師は生存しておられ、活躍している医師ですが、「覚えていない」の一点張りで、証人になることはかたくなに拒否し、書面も作成してくれませんでした。
  しかし、出血量が多い。
  知り合いの違う先生に意見書を書いてもらいました。
  「このケースで、フィブリノゲン製剤を使わなかったら、医療ミスだといわれるでしょう。」というものでした。
  裁判所が、出血の多さ、ショック状態に陥ったこと、意見書などから、フィブリノゲン製剤の投与を認めてくれたのです。
  
 2.カルテが残っていなかったMさん
  母子手帳には、出血量1,850ml、しか書いてなかった。
  担当医師はすでに亡くなっておられましたが、看護師さんに証言してもらうことができました。
  昭和63年8月の出産です。国と製薬会社(元ミドリ十字、現田辺三菱)は、昭和63年に、その病院に、フィブリノゲン製剤はないと主張して一歩も譲りませんでした。
  しかし、製薬会社作成のフィブリノゲン製剤納入一覧表は不正確なのです。
  不正確であることを裁判所が認めてくれました。 

C型肝炎 勝訴的和解

2022年05月20日 カテゴリー:コラム

C型肝炎訴訟で勝訴的和解ができました。
青森市民病院です