Tag Archives: C型 肝炎 カルテない

【至急連絡してください!】  集団予防接種でC型肝炎になった方は、北村法律事務所に至急ご連絡ください。

2020年11月02日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, お客様の声

【至急連絡してください!】
 集団予防接種でC型肝炎になった方で
かつ、C型肝炎になって、C型慢性肝炎、C型肝硬変、C型肝がん
の証明が医療記録などによってできる方は、
北村法律事務所に至急ご連絡ください。(※以下のただし書きをよくお読みください)

 但し、

・C型肝炎になって、C型慢性肝炎、C型肝硬変、C型肝がんの証明が医療記録などによってできる方

・輸血をしていないことがないこと。

・覚せい剤の静脈注射、麻薬の鼻孔吸引をしたこと、

 入れ墨(刺青)をしたことがないこと。

・C型肝炎の人と性的接触をしたことはないこと。

・臓器移植・透析をしていないこと。

・鍼治療をしたことがないこと。

・母親が、C型肝炎ではないこと。

などが条件となります。


 ご自身がC型肝炎であることがわかる医療記録は、早く取っておかないと、病院で廃棄される可能性があるので、確保されるようお願いします。

 また、HCV-RNA(+)という検査データも、必要となります。

【至急連絡してください!】ベリプラストPを投与されて、C型肝炎になった方は、至急ご連絡下さい。

2020年11月02日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声

【至急連絡してください!】ベリプラストPを投与されて、C型肝炎になった方は、至急ご連絡下さい。


【フィブリノゲン製剤などによるC型肝炎訴訟】 中日新聞記事「C型肝炎、救済広げて 出産の喜び暗転、闘病40年の薬害訴訟原告」

2020年11月02日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, お客様の声

【フィブリノゲン製剤などによるC型肝炎訴訟】 中日新聞記事「C型肝炎、救済広げて 出産の喜び暗転、闘病40年の薬害訴訟原告」

 中日新聞に、C型肝炎訴訟名古屋弁護団の原告さんが取り上げられて

います。※但し、この記事の中で「自身も2015年に治療薬のおかげで治癒した」というのは誤りです。

治療薬でC型肝炎ウイルスはなくなりますが、肝硬変や肝癌にまでなった人の肝臓は元には戻りません。

 中川さんは肝硬変なので、今も肝臓は、表面が凹凸し線維化し続けており、

いつ、肝がんになるかわからず、不安を抱き続けています。

https://www.chunichi.co.jp/article/142877


20201030144746-0001

20201030144746-0002

20201030144746-0003

【C型肝炎訴訟】 C型肝炎訴訟の参考文献

2020年11月02日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, コラム

C型肝炎訴訟についての参考文献


著者 フジテレビC型肝炎取材班

「ドキュメント検証C型肝炎~薬害を放置した国の大罪~」

出版社 株式会社小学館

2004年8月20日 第1版第1刷発行

著者 伊藤精介

「沈黙の殺人者(サイレント・キラー)・C型肝炎」

出版社 株式会社小学館

2000年5月1日 初版第一刷発行

著者 舛添要一

「厚生労働省戦記-日本政治改革原論」

出版社 中央公論新社

2010年4月25日 初版発行

著者 家西悟

「薬害エイズ」絶望からの闘い

お前は忘れても、俺は忘れへん 史上最悪の医療犯罪の真実

出版社 KKロングセラーズ

1997年11月1日 初版発行

編著者 一般社団法人 日本肝臓学会

「慢性肝炎・肝硬変の診療ガイド 2013」

出版社 株式会社文光堂

2013年10月7日 第1版 第4刷発行

著者 馬場錬成

「C型肝炎と闘う」

1996年10月25日 第一刷発行

出版社 株式会社講談社

著者 畑中正一

「殺人ウイルスへの挑戦」

出版社 株式会社集英社


1996年1月17日 第二刷発行

著者 出河雅彦

「ルポ 医療事故」

出版社 朝日新聞出版

2009年3月30日 第1刷発行

著者 与芝真彰

「B型肝炎訴訟-逆転勝訴の論理」

出版社 かまくら春秋社

平成23年10月11日 発行

編者 読売新聞社 健康・医療問題取材班

「現代病の周辺-医療ルネサンスPARTⅡ」

出版社 読売新聞社

1993年(平成5年)12月14日 第一刷 発行


【C型肝炎訴訟】名古屋弁護団和解状況

2020年11月02日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声


【C型肝炎訴訟】名古屋弁護団和解状況



    高岡市博医館ホスピタル(五十嵐産婦人科病院)



    藤田医科大学ばんたね病院



この2つの病院で出産したり、手術をした女性は、ぜひ北村法律事務所にご連絡ください。

2020年10月7日、カルテのないC型患者さんで和解ができるのは2名で、

1名は

高岡市博医館ホスピタル(五十嵐産婦人科病院)

で、産婦人科の手術をし、大量出血のあった方です。

また、もう1名は

藤田医科大学ばんたね病院

で出産した方です。

出血量はわずか237mlしかありませんでしたが、

DICの基礎疾患である常位胎盤早期剥離があったため、

医師は、フィブリノーゲンを投与した、と証言してくださいました。

これで、合計17名(約90名中)の和解ができました。