名古屋の弁護士事務所 北村法律事務所

名古屋で弁護士に相談するなら北村法律事務所へ。B型肝炎訴訟、相続、交通事故、離婚など、お気軽にご相談下さい。

コラム

Yearly Archives: 2022

C型肝炎給付金 和解

2022年10月03日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, C型肝炎給付金請求訴訟, コラム

2名の方、和解できます。

 1.カルテが残っていなかったNさん
  母子手帳には、
  前置胎盤、弛緩出血、用手剝離
  輸液3,000ml、輸血2,200ml
  出血量3,000ml(多量)
 と書かれています。昭和49年4月の出産です。
  担当医師は生存しておられ、活躍している医師ですが、「覚えていない」の一点張りで、証人になることはかたくなに拒否し、書面も作成してくれませんでした。
  しかし、出血量が多い。
  知り合いの違う先生に意見書を書いてもらいました。
  「このケースで、フィブリノゲン製剤を使わなかったら、医療ミスだといわれるでしょう。」というものでした。
  裁判所が、出血の多さ、ショック状態に陥ったこと、意見書などから、フィブリノゲン製剤の投与を認めてくれたのです。
  
 2.カルテが残っていなかったMさん
  母子手帳には、出血量1,850ml、しか書いてなかった。
  担当医師はすでに亡くなっておられましたが、看護師さんに証言してもらうことができました。
  昭和63年8月の出産です。国と製薬会社(元ミドリ十字、現田辺三菱)は、昭和63年に、その病院に、フィブリノゲン製剤はないと主張して一歩も譲りませんでした。
  しかし、製薬会社作成のフィブリノゲン製剤納入一覧表は不正確なのです。
  不正確であることを裁判所が認めてくれました。 

(旧)統一教会から献金したお金を取り戻しましょう。

2022年08月05日 カテゴリー:悪徳商法

日本の信者の不安をあおり、多額の献金をさせ、韓国に送金して、立派な宮殿を建てたりアメリカ等での勢力拡大に使っている統一教会。

 日本国民として許せません。

 30年前も、弁護士北村明美は、高額な壺や印鑑、宝石、絵画などを買わされた方々のお金を取り戻しました。

 統一教会に献金してしまったお金や高額な商品を買わされたお金を取り戻しましょう。

C型肝炎給付金請求申立期限

2022年07月07日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, C型肝炎給付金請求訴訟, コラム, 肝炎

 2023(令和5)年1月16日が、C型肝炎の給付金を受けるための裁判を起こす期限となっています。

出産で大量出血をして子宮摘出までした方、次の病院で出産し大量出血した方

(富山県高岡市の五十嵐産婦人科で出産した方

 長野県飯田市のN病院で出産した方)

常位胎盤早期剥離だった方

前置胎盤で出血多量の方

 至急ご連絡下さい。

C型肝炎 勝訴的和解

2022年05月20日 カテゴリー:コラム

C型肝炎訴訟で勝訴的和解ができました。
青森市民病院です

高岡市 五十嵐産婦人科

2022年05月11日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, C型肝炎給付金請求訴訟, コラム, ニュースコラム, 肝炎

 C型肝炎の方で、富山県高岡市の五十嵐産婦人科(博医館ホスピタル)で出産したり、手術をしたことのある方は、至急、ご連絡下さい。

 ハーボニーなどを服用して、今は治ってしまった方や、ご本人はすでに亡くなっておられる場合でも、ご遺族様から、ぜひご連絡を下さるようお願いいたします。

 C型肝炎の給付金がもらえる可能性があります。

薬害C型肝炎 勝訴的和解 五十嵐産婦人科で出産

2022年03月24日 カテゴリー:C型肝炎お客様の声, C型肝炎給付金請求訴訟, お客様の声

薬害C型肝炎 勝訴的和解 五十嵐産婦人科で出産

 出産の際、弛緩出血で出血量多量2155mlのAさんにフィブリノゲン製剤が投与されたことが認められて、勝訴的和解ができます。

 富山県高岡市の五十嵐産婦人科(現在は廃院)です。

長女 「母はC型肝炎が重く、全身が弱り現在入院中です。勝訴的和解ができるという連絡が弁護士の北村さんからあったよというと、ベッドに横たわっていた母はあまりの嬉しさに言葉にならず、涙を流して喜び、感謝していました。」

 五十嵐先生は、優しい先生で30年以上前のことを思い出してくれ、できる限りの協力をしてくださいます。