名古屋の弁護士事務所 北村法律事務所

名古屋で弁護士に相談するなら北村法律事務所へ。B型肝炎訴訟、相続、交通事故、離婚など、お気軽にご相談下さい。

コラム

カルテのないC型肝炎患者の闘い

2016年12月09日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

~弁護士北村明美のC型肝炎コラム~

 

 

 

―国は「原告に、高度の蓋然性までの立証責任がある」と主張―

―原告がC型肝炎に感染したのは、注射器等連続使用の予防接種によるものか―

 

カルテの残っていない原告の方々のC型肝炎訴訟においては、悪辣な補助参加人田辺三菱だけではなく、被告国も、原告らをせせら笑い、石を投げつけるような言動をしている。

 

原告らは、C型肝炎で苦しむだけでなく、本件訴訟において、立証するためにのた打ち回るほど苦しんでいるのである。

 

原告ら代理人弁護士北村明美は、医療過誤事件にも携わってきたものであるが、本件カルテの無いC型肝炎訴訟は、医療過誤事件以上の困難さがあると感じざるを得ない。

第1に、医師の協力がなかなか得られないということである。医師は頭が良く、自らが投与したフィブリノゲン製剤によりC型肝炎ウイルスに罹患したことになると、自らの責任も問われると考えるからである。

また、証人になれば、国や製薬会社からしつこく尋問されるということを、せまい医師業界の中で聞いているからでもある。

第2に、医師も医療関係者も亡くなっていることが多いことである。

第3に、C型肝炎と命名されたのが、平成になってからで、C型肝炎と診断されることが、フィブリノゲン製剤投与時期から何十年も経てからであることが多いことである。

第4に、C型肝炎特別措置法は、平成20年1月にできたが、実際にフィブリノゲン製剤を投与された時から30年も40年もたっていたからでもある。

第5に、原告側には、情報収集に限度があるが、国は医師資格のある官僚を擁し、総務省等に問い合わせればすぐ答えてもらえるという情報収集力が格段に高いことである。

第6に、と挙げていけば、涙が出るほど辛い。

第7に、病態の立証すら困難なケースもある。

 

それにもかかわらず、国は、原告が本人訴訟をした大阪地裁、大阪高裁の判決などを提出して、【C型肝炎特別措置法所定の要件事実は民事訴訟の証明責任の原則に従い、原告が高度の蓋然性をもって立証しなければならない】と主張する。

「高度の蓋然性」という文言は、民事訴訟法には、存在しない。

アメリカの訴訟においては、高度の蓋然性まで要求していない。アメリカでは2分の1より大きい立証であればよいとされていると聞く。

そして、対日本国の訴訟などで高度の蓋然性までの立証を求める日本の裁判所に対して、30年以上前から弁護士会などが批判している。

カルテが存在しないことについても、医師等が死亡したことについても、全く責任のない原告に、高度の蓋然性まで立証責任を課すのは、日本の裁判所が間違っている。法律が間違っている。

カルテが存在しないことは、医師法でカルテの保存期間をわずか5年と規定しているからであって、国の責任である。

医師法の改正は今もなされておらず、カルテの保存期間をわずか5年とさせ続ける国の責任は大きい。

 

また、被告国は、「C型肝炎ウイルスの感染源は、具体的に判明している感染経路に限っても、輸血、血液製剤、滅菌が不十分な医療器具(装置)による医療行為、血液透析、医療従事者の針刺事故、鍼治療、刺青、注射器の回し打ち、ボディピアスの共用、母子(児)感染、夫婦感染、家族内感染などが指摘されており、輸血及び血液製剤の投与に限られるわけでも、医療行為に限定されているわけでもない。」と主張している。

C型肝炎ウイルスは、血液よって感染するものであることは、明確である。

C型肝炎ウイルスは、感染力が弱いので、家庭内感染はほとんど報告されていない。母子感染すらほとんどないと報告されている。

 

滅菌が不十分な医療器具である注射器の連続使用によって、原告らがC型肝炎に罹患する確率の方が高い。

すなわち、被告国や裁判所が、原告らにフィブリノゲン製剤の投与を認めないのであれば、原告らは、刺青も、覚醒剤もしていないのであるから、注射器の連続使用、すなわち、予防接種によってC型肝炎に罹患した可能性が、最も高いのである。

国立がん研究センターが、肝臓細胞の若返り実験を、動物で成功

2016年11月15日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

~弁護士 北村明美のC型肝炎ブログ~

 

国立がん研究センターの落合孝広分野長らは、2016年11月11日、肝臓の細胞を若返らせることに、動物を使った実験で成功したと発表した。

 

4種類の化合物を使うことで、成熟した肝臓の細胞を、肝細胞などの基になる細胞に変化させた。

人でも成功すれば、肝臓がんや肝硬変など、重い肝臓病の再生医療に道が開ける。

 

ラットの肝臓の細胞を使って実験した。

化合物で若返らせた細胞を、慢性肝炎のマウスに移植し、8週間後に調べると、マウスの肝臓の細胞の大部分がラットの健康な細胞に置き換わり、肝臓の動きが正常に戻った。

 

「肝臓だけでなく様々な臓器にも応用できる可能性がある」と落合分野長は話す。

 

引用:日本経済新聞 2016年11月12日

 

 

C型肝炎訴訟に携わっていると、このような記事に、よく目がとまります。

 

安全性の面でも問題は起きなかったとのことですので、期待して今後を見守りたいと思います。

 

肝硬変治療薬2018年にも製品化か?

2016年11月14日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

~弁護士 北村明美のC型肝炎ブログ~

 

肝硬変まで病態が進んでしまうと、バラクルードを飲んでB型肝炎ウイルスの働きを抑えても、線維化した肝臓がもとに戻らないことが多いです。

 

C型肝炎の方も、高い飲み薬によって、C型肝炎ウイルスがなくなっても、肝硬変まで進んでいる方は、同じく線維化した肝臓はもとに戻らない方が多いです。

 

2016年11月11日の、日経新聞に載っていました。

 

肝硬変は、これまで有効な治療薬がなかったとされていますが、日本の企業(日東電工)がアメリカの大手製薬会社(ブリストル・マイヤーズクラブ)と提携し、肝硬変治療薬で、高い薬効が期待できる次世代バイオ医薬品「核酸医薬品」を開発し、2018年以降、2020年までには製品化できるとみているそうです。

 

ただ、どんな薬にも、副作用があります。

 

小野薬品工業とブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が共同開発した「オプジーボ」が話題となっています。

それは、

・患者が死亡するような副作用が起こったこと

・薬価が高すぎること(これでは健康保険制度が維持できない)

などです。

要注意!B型肝炎が劇症化する恐れあり~HBVの「再活性化」~

2016年11月09日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

B型肝炎の患者さんは、他のがんの治療の際、B型肝炎が劇症する恐れがあるので、要注意です。

 

Sさん(長崎県在住)は、成人T細胞性白血病(血液のがんです。)の治療を受け、これは治ったと言われたのですが、すぐ肝臓の数値が増悪し、1か月弱で、劇症肝炎で亡くなってしまいました。

 

白血病の治療だけではなく、抗がん剤や、免疫を抑える治療を受けた後、B型肝炎が増悪して、劇症肝炎になり、死亡してしまうケースが何例か報告されています。この問題は、B型肝炎ウイルスの「再活性化」と呼ばれています。

 

 

2016年5月に、B型肝炎だけではなくC型肝炎にも感染した方が、C型肝炎の新しい治療薬を服用して、B型肝炎が悪化し、死亡したケースがあるということが、厚労省から発表され、C型肝炎治療薬8種を、患者に使用させる場合は、医療関係者が注意をするよう、指示したという報道がありました。

 

B型肝炎は、本当に恐ろしい病気です。

予防接種が原因でC型肝炎になった方は、ご連絡下さい。

2016年10月28日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

~弁護士 北村明美のC型肝炎ブログ~

 

「予防接種が原因で、C型肝炎になった。輸血はしていない。」という方からの問い合わせが、ひとつ、ふたつと増えています。

 

予防接種が原因でC型肝炎になったと思われる方は、ぜひ、

北村法律事務所 弁護士 北村明美(052-541-8111)

まで、ご連絡下さい。

 

裁判を起こすことを、一緒に考えましょう。

名古屋大学附属病院で、心臓手術や歯科で手術を受けて、C型肝炎になっている方は、ぜひご連絡下さい。

2016年10月21日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

~弁護士 北村明美のC型肝炎コラム~

 

名古屋大学附属病院では、心臓手術と歯科において、多くのフィブリノゲン製剤や、フィブリン糊(PPSB、クリスマシン)などを使用していたことが、判明しました。

 

昭和40(1965)年から、平成6(1994)年までの間に、名古屋大学附属病院で、心臓手術や歯科で手術を受けて、C型肝炎になっている方

 

ぜひ、北村法律事務所 弁護士 北村明美(052-541-8111)まで、ご連絡下さい。

予防接種でC型肝炎になったと思われる方は、ぜひご連絡下さい。

2016年10月18日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

~弁護士 北村明美のC型肝炎コラム~

 

予防接種でC型肝炎になったと思われる方は、ぜひご連絡下さい。

 

・財団法人ウイルス肝炎研究財団のホームページでは、

「C型肝炎ウイルス(HCV)はどのようにして人から人へ感染しますか?」

という問いに対し、答えの1つとして、

「HCV感染者が使った注射器・注射針を、適切な消毒などをしないで繰り返し使用した場合」

と答えています。

 

・厚生労働省検疫所FORTHのホームページでは、

C型肝炎の感染経路のひとつとして、

「医療機関で汚染されたシリンジを使用した注射や針刺し事故」と述べています。

 

・大阪大学医学部教授の林紀夫さんは、ラジオの中で

「集団で予防注射、予防接種していたけれども、そこでうつったということもあり得るか」という問いに対し、「予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染したかどうか、否定はできないと思う」と答えています。

 

・製薬会社MSDのホームページにはC型肝炎についてのページがあり、感染原因のひとつとして、「注射針の使い回しによって感染する可能性が考えられる。以前は予防接種や往診などで注射針を使い回していたことがあるので、そのときに感染したと考えられる人がいる」と述べています。

 

・ある臨床検査技師の健康ブログでは、C型肝炎の主な3つの原因のうちのひとつとして、予防接種をあげ、「医療行為の衛生が十分に管理されていなかった時代、注射針や注射器を連続して使っていたことがり、その時代に予防接種を受けている場合、感染の可能性が考えられる」と述べています。

 

予防接種でC型肝炎にうつった方は、うつりにくいからという理由で、救済の対象になっていません。

 

しかし、全くうつらないわけではないのです。

予防接種でC型肝炎になったと思われる方は、

北村法律事務所 弁護士 北村明美(052-541-8111)まで、

ぜひご連絡下さい。

 

裁判を一緒に起こすことを、考えましょう。

予防接種でC型肝炎になった人は、給付金がもらえないのはなぜですか(岐阜県Sさん)

2016年10月17日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

~弁護士 北村明美のC型肝炎コラム~

 

(岐阜県岐阜市在住K.Sさんより)

Q.予防接種でB型肝炎がうつった人は、B型肝炎特別措置法で給付金がもらえるのですが、予防接種でC型肝炎にうつった人は、給付金がもらえないのはなぜですか。

 
 

A.現在、法律ができて給付金がもらえるようになっているのは、

 

(a)予防接種でB型肝炎がうつった方、あるいは、その方から母子感染(父子感染)した方。

(b)フィブリノゲン製剤、クリスマシン、PPSBなどの、第Ⅸ因子製剤を止血剤などとして投与され、C型肝炎になった方

 

だけです。

 

輸血でB型肝炎やC型肝炎になった方は、救済されていません。

 

予防接種でC型肝炎にうつった方も、救済の対象になっていません。

その理由は、B型肝炎が、うつりやすいのに比較して、C型肝炎はうつりにくいからだといわれています。

しかし、全くうつらないわけではありません。

うつる確率がB型肝炎より低いだけの話です。

 

ある医師は、ツベルクリン注射ではうつりにくいかもしれないが、種痘の場合は、同じメスで何十人も種痘を接種したので、C型肝炎はうつるのではないかと言っています。

 

①輸血をしていない

②予防接種しか原因は考えられない

③C型肝炎ウイルスがまだ体内に残っている方

 

は、ぜひ、国を相手に裁判を起こすことを検討してみませんか。

輸血が原因でC型肝炎になった方を救済する法律は、現在ありません

2016年10月12日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

連日のように、「C型肝炎訴訟で給付金がもらえないか」というお問い合わせを受けますが、あまり前向きな回答ができておりません。

 

何が原因でC型肝炎になったかを聞いてみると、輸血が原因であるという方が多いからです。

 

輸血でC型肝炎になった方を救済する法律は、現在ありません

 

輸血は必要悪であると考えられているからです。

 

輸血でC型肝炎になった方が救済されるためには、自ら国家賠償請求訴訟を提起しなければなりません。

 

ご理解下さいますよう、よろしくお願いいたします。

出産の際、フィブリノゲン製剤を投与された可能性があるケースとは

2016年10月06日 カテゴリー:C型肝炎給付金請求訴訟

C型肝炎訴訟で勝訴するためには、フィブリノゲン製剤、クリスマシン、PPSBなどを投与されたことを、立証しなければなりません。

 

出産の際、フィブリノゲン製剤を投与された可能性があるケースは

①常位胎盤早期剥離(赤ちゃんがまだ子宮の中にいるうちに、胎盤が子宮の 壁から剥がれてしまい、大量出血するケース)

②前置胎盤

③双子や巨大児

④弛緩出血

などのケースです。

 

母子手帳が残っており、出血量が多く、上記の①~④が記載してある方は、北村法律事務所 弁護士 北村明美(052-541-8111)まで、ご連絡下さい。

 

なお、胎盤早期剥離で3000ml以上出血のあったNさんは、C型肝炎訴訟の原告となりましたが、訴訟提起後、C型肝炎肝硬変で亡くなってしまいました。

 

2016年10月26日、悔しい思いをして亡くなったNさんの夫の証人尋問があります。



pagetop